無料で海外旅行へ行ける方法を無料LINE講座でプレゼント中! 無料で講座を手に入れる!
無料で海外旅行へ行ける方法を無料LINE講座でプレゼント中! 無料で講座を手に入れる!

【SPGアメックス】高級ホテル「マリオット」会員ステータスについて徹底解説

ヘッダー画像
ブログ2020.08.30  
 

SPGアメックスカードで目指すマリオットホテルの会員ステータス

SPGアメックスを取得すると、自動的にマリオットのゴールドエリート会員となります。またSPGアメックスで貯まるポイントはマリオットホテルで使えるマリオットポイントになります。どのランクを目指すと良いかを解説。
SPGアメックスカードで目指すマリオットホテルの会員ステータス

マリオットボンヴォイの会員ステータス

SPGはマリオットの傘下にあり、SPGとマリオットは紐づいています。
その結果SPGアメックスで貯まるポイントは、自動的にマリオットのポイントになります。

マリオットなのにクレジットカードはSPGアメックス、わかりにくいですよね。

SPGとマリオットの関係については最後で解説しています。

 

マリオットホテルグループの会員ステータスには6種類あり、宿泊日数によってランクが決定します。
SPGアメックスカードを持つと、自動的にゴールドエリート会員です。

ゴールドエリート会員もメリットを受けられますが、上位ランクの会員ではさらに大きなメリットが。

 

宿泊数による会員ランク、それぞれの特典について詳しく解説します。目指すステータス、おすすめはプラチナ会員です。

 

会員の種類

マリオットボンヴォイが提供する会員ステータスは、一般、シルバー、ゴールドエリート、プラチナ、チタン、アンバサダーの6種類あります。

さらに公にはなっていませんが、アンバサダーの上にはコバルトエリートというステータスもあります。
今回は好評されている6種類について解説していきますね!

会員ステータスは、宿泊日数*で変わります。
*1年間(1月1日~12月31日)にマリオット系列のホテルに泊まった日数です。

会員ランク 宿泊数
一般 10泊未満
シルバーエリート 10~24泊
ゴールドエリート 25~49泊
プラチナ 年間50泊
チタン 年間75泊
アンバサダー 年間100泊

最高レベルのアンバサダーになると、3日に1回はマリオットのホテルに泊まらなければなりません。

さらに年間100泊に加えて、宿泊費やレストランの利用金額20,000米ドル(約210万円)の決済が必要になるため、ポイントの宿泊だけでは達成ができません。

アンバサダーは別格ですね。

 

一般の方が目指せるのは、ゴールド、プラチナ、チタンまでかなと思います。
ステータスの取りやすさ、他のランク会員との特典を総合的に比較して、一般の方におすすめなのはプラチナ会員です。

 

会員ランクの特典

会員ランクによって具体的に何が違う?
ANAやJALの上級会員のように、ホテルで受けられる特典が変わります。

通常の一般会員は、Wi-Fiが無料、モバイルチェックインができる、会員価格など、最低限のサービスですね。
Wi-Fiは誰でも無料なので、あまりメリットは感じられません。

 

シルバー会員は、一般会員の特典にプラスして、予約保証、ボーナスポイント10%、
レイトチェックアウトの優先となります。
シルバーもあまり特別なメリットは感じないですね。

次の、ゴールドエリート会員からは、メリットを大きく感じられます!

 

ゴールドエリート会員は、年間25泊以上でなれるステータスです。
マリオット系ホテルは、1泊1万円以上しますので、単純計算すると、年間25万円払うことになります。

他の記事でも解説していますが、SPGアメックスをつくると、自動的にゴールドエリート会員となります。
ゴールド会員条件の25泊が、0泊でクリアしたことになるのが、SPGアメックスを持つ大きなメリットです。

 

ゴールドエリート会員の特典

まず、空き状況にもよりますが、レイトチェックアウトが午後2時まで設定できます。
そして、部屋のアップグレードは、ゴールドエリート会員からになります。

例えば、ベーシックな部屋を予約していても、少し広い角部屋、海側や高層階などの眺望のよい部屋などに無料でアップグレードが可能です。

ちなみに、関東でアップグレードがおすすめなのは、温泉付きの部屋にアップグレードされる
富士マリオット山中湖、伊豆マリオットホテル修善寺、軽井沢マリオットホテルです。
近畿圏では琵琶湖マリオットホテル、南紀白浜マリオットホテルがおすすめです。

ゴールドエリート会員で、温泉の部屋風呂付きの部屋にアップグレードが対象になるお得なホテルです。

 

プラチナチャレンジ

ゴールドの上、プラチナ会員になるには1年間で50泊が必要です。
なかなかハードルが高いですよね。

でも!

マリオットには、プラチナチェレンジというサービスキャンペーンがあります。

プラチナチャレンジ
3か月以内に16泊の宿泊をすると、誰でもプラチナ会員になれる

SPGアメックスを持っている方は、これを利用すると、本来なら50泊必要なプラチナ会員になれます。

ただし、注意点があります。

3カ月以内に16泊が必要であること。
ゴールドに関してはSPGアメックスを持っていれば、ずっと適用されますがプラチナ会員は期間が決まっています。
年度単位なので、プラチナ会員になった年と翌年度の2月までです。

2020年の2月に会員になった方は、
2022年の1月末までが適用となります。

 

マリオットは年度の開始月が少々変わっていて2月からとなります。
プラチナチャレンジを最も長く活用するのは2月の達成です。
2020年2月にプラチナ達成→翌々年2022年1月までプラチナ適用

※この辺は変更となる場合がありますので、最新の情報はプラチナチャレンジを行う際にマリオットコールセンターに確認ください。

※プラチナチャレンジは現段階2020年12月31日まで休止

【マリオットコールセンター】
・フリーダイヤル
0120-925-759
→SPGアメックスお持ちの方はこちらです。
※スマートフォンからもフリーダイヤルで繋がるので便利です。■海外、IP電話から
+81-3-5423-4815

■営業時間
平 日:9:00-18:00
土日祝:9:00-17:00

 

ゴールドエリート会員は、
SPGアメックスを持っていれば継続しますが、プラチナ会員は期限があることを覚えていてください。

 

プラチナ会員の特典

部屋のアップグレードがスイートまで対象
クラブラウンジへのアクセス
アーリーチェックイン、レイトチェックアウト

それぞれの特典内容を、詳しく見ていきましょう。

 

部屋のアップグレード

まず、部屋のアップグレードが、ゴールドエリート会員のさらに上まで可能です。

ゴールドエリート会員は、予約した部屋と同ランクの上級ルームになりますが、プラチナ会員は、スイートまで!

マリオット系列のホテル全てにスイートルームがあるわけではないので、スイートがあるホテルのみですが、当日空室があれば、アップグレードがスイートまで可能になります。

 

以前、僕は、リッツカールトンの一番安いお部屋、当時5万円の部屋をカールトンスイートまで上げてもらいました。

当時の価格で、カールトンスイートは当日30万円でしたので、6倍の部屋に泊まることができました。

そんなことができるのです。

これは日本だけでなく、世界中のマリオット全部が対象です。

 

プラチナ会員を持つことで、世界中のマリオット参加のホテルをお得に、スイートルームに上げてもらえます。

ゴールドとプラチナは、とても差があるというふうに覚えておいてください。

 

クラブラウンジへのアクセス

そして、もう1つのプラチナのメリットは、クラブラウンジへのアクセスがつくことです。

クラブラウンジについては、他の記事でも紹介しているので、ぜひ、そちらもご覧ください。

 

マリオット系ホテルの上位クラスのホテルには、クラブフロアというフロアがあります。

そこには、クラブラウンジというラウンジがあり、チェックインがラウンジでできたり、ランチやアフタヌーンティーがでたりします。

 

1番の目玉は、毎日午後5時~6時くらいからカクテルアワー(カクテルナイト)というサービスです。

ラウンジでアルコールを含むドリンクが飲み放題になります。
簡単なビュッフェもあるので、飲み放題、食べ放題になります。

クラブフロアに泊まっていなくても、このサービスが、1泊1室2名まで毎回ついてきます。
この特典は非常に大きいですね。

ゴールドとプラチナでは、大きな差を感じます。

 

チェックイン、チェックアウト

さらにレイトチェックアウトが、ゴールドでは午後2時まででしたが、プラチナでは午後4時まで設定することができます。

チェックインについても、部屋の準備ができていれば、その前の時間からチェックインできます。

 

海外で早朝にホテルについても、プラチナ会員資格を持っていれば、ホテルに直行しチェックインできちゃいます。

早くホテルに入れて、遅くチェックアウトできるので、1泊のホテル利用なのに、滞在時間が24時間を超えることも可能となります。

クラブラウンジも利用できれば、ホテルステイの満足度が変わってきます。

 

チタン会員は?

プラチナ会員の上のクラスは、チタン会員です。
年間75泊以上なので、ハードルが高いですね。

プラチナ会員と何が変わるかというと、正直そんなに変わりません。

ゴールドエリート会員とプラチナ会員は大きく変わりますが、プラチナ会員とチタン会員は、さほど変わりません。

 

明確に変わるところは、ポイントバックのレートです。

ゴールドエリート会員は25%、
プラチナ会員は50%、
チタン会員は75%

ですね。

 

チタン会員のほうが、アップグレードの確率がプラチナ会員よりは高いです。
しかし、プラチナ会員も、スイートへアップグレードする権利がありますので、さほど変わらないと思います。

実際にプラチナ会員やチタン会員になり、いろいろなホテルを検証しましたが、あまり変わらないなというのが実感です。

 

プラチナ会員以上のメリットには、朝食もあります。

朝食のないプランでも、
プラチナ会員以上であれば、朝食が2名まで無料でついてきます。

対象外のホテルもありますが、基本的にはつきます。

 

ゴールドエリート以上の会員メリットまとめ

マリオットボンヴォイのメリットは多くあります。

ゴールドエリート会員では、
・14時までのチェックアウト、
・同等のカテゴリーの上級部屋へのアップグレード、
・早めのチェックインが可能です。

プラチナ会員の特典はめちゃめちゃ増えます。
・16時までのチェックアウト、
・アーリーチェックイン、2名までの朝食無料、
・クラブラウンジの利用が可能です。
・そして、一番のメリットである部屋のアップグレードがスイートルームまで対象です。

マリオット沖縄に泊まったときに、平日だったこともあり1泊2万円の部屋を、最上階の角部屋の一番広いスイートルームに上げてくれました。
その部屋の価格は1泊20万円と書いてあったので、10倍です!

こういうアップグレードの可能性があるのは、プラチナ会員以上になりますね。

 

SPGアメックスカード、目指せプラチナ!

プラチナとチタンではポイントボーナスの差があるとか、細かい差はありますがこれと言った大きな差はありません。
基本的にはプラチナ会員を目指すことによって、マリオット系のホテルライフは、大きく変わります。

SPGアメックスを持っている方は、すでにゴールドエリート会員の特典を受けています。

ぜひ、ゴールドエリート会員のメリットを知り、その上で、プラチナ会員を目指すのもよいのではないでしょうか。

マリオットとSPGの関係
元々SGP(スターウッドプリファードゲストの略)は当時世界第9位のホテルグループ(傘下にウェスティン、シェラトンなどがある)。
これを当時世界第2位だったマリオットが2016年に買収しSPGはマリオット傘下に。これによってSPGアメックスの対象ホテルはマリオットホテルにも拡大!
SPGアメックスで貯まるポイントは、マリオットポイントとなりました。
このため2016年以降SPGアメックスのメリットは飛躍的に高まっています。

アメリカではすでにマリオットのクレジットカードが登場していますので、日本でも近々マリオットのクレジットカードが登場し、一本化されるかもしれません。

Copyright©2020 マイレージ裏技集|マイルの達人が教える奇跡の攻略法【完全公開版】 All Rights Reserved.