無料で海外旅行へ行ける方法を無料LINE講座でプレゼント中! 無料で講座を手に入れる!
無料で海外旅行へ行ける方法を無料LINE講座でプレゼント中! 無料で講座を手に入れる!

せっかく貯めたマイルなので、航空券に引換える際もできるだけ高レートで交換しましょう。

ヘッダー画像

マイルを航空券に引き換える

航空チケットとパスポート

ここまで、

マイルを最も効率的に貯めるにはクレジットカードを最大限活用する
マイルを貯める航空会社はANA
マイルの価値を最大限に活かすのは、特典航空券への交換

という順番でお話してきました。

次はマイルを実際に特典航空券に変えてみましょう。

マイルを航空券に変えるって難しい?

そんな先入観はありませんか?

マイルで発券した航空券は通常と違うボロい機体(ボロい座席)が充てがわれる。
マイルの航空券は機内サービスの質が低い。

年配の方からはそんな都市伝説を未だに聞きます。

断言します!
そんなことは絶対にありません。

定価で買った航空券も、マイルで取得した航空券も、飛行機の機体・サービスは全て同一です。
それはエコノミークラスだけでなく、ビジネスクラス、ファーストクラスのサービスだって同一です。

とてもお得だと思いませんか?

実はエコノミークラスに乗るかビジネスクラスに乗るかで1マイルの価値は大きく変わります。

マイルを特典航空券に換える際に重要なこと

①日付が重要!

行きたい日にちによって必要マイル数は変わる。
マイル用の席は一体何席あるの?

②行き先によって必要マイル数は変わる

アジア、アメリカ、ヨーロッパ、行き先で必要マイル数は変わる!
マイルで行く際、お得な国はどこなの?

③搭乗クラス(エコノミークラスorビジネスクラス)

ビジネスクラスは高いと思っていませんか?実はビジネスクラスの方がお得な場合がある。

ここではお勧めマイレージである、ANA(全日空)マイルをベースに解説します。

STEP1 旅行日程を決める

まずは日程を決めましょう!
実は日程によって必要マイル数は変わります。

GW、お盆、クリスマス、年末年始は「ハイシーズン」に分類され、
必要マイル数が一番少ない「ローシーズン」に比べ、25〜35%多くのマイルが必要になります。

例)韓国までの場合
ローシーズン:12,000マイル
ハイシーズン:18,000マイル(その差6,000マイル!)

(日本⇒アジアの場合のハイシーズン・ローシーズン)

日本からアジアへ向かう際のハイシーズンとローシーズン

※L=ローシーズン、R=レギュラーシーズン、H=ハイシーズン

国際線の特典航空券は出発日の1年前から取得が可能になりますが、
ハイシーズンの人気路線ではほぼ確実にキャンセル待ちになってしまいます。

では、そもそもマイル用に特典航空券の枠は、飛行機全体の座席のうち、どの位が割り当てられているのでしょうか?
実際に細かく検証してみました。

ローシーズン・レギュラーシーズンでは、ANA及び提携航空会社まで含めれば、希望日程での取得は容易です。

しかし、ハイシーズンは提携航空会社を含めてもキャンセル待ちになってしまう可能性が高いので、
とにかく早めに取得取得することが重要です。

※発券した特典航空券はその後1年間有効となり、日程の変更はいつでも可能です。
(日程の変更のみ可、行き先・経由地の変更は不可)

ポイントは、とにかく日程が決まったら早めに特典航空券を予約すること。
これが一番重要です。

STEP2 必要マイル数の算出

マイル数は日程の他に、行き先でも大きく変わります。

お隣韓国は12,000マイル~、ハワイなら35,000マイル~、
一番遠い地球の裏側ヨーロッパでは45,000マイル~となります。
(いずれもローシーズン)

日本からアジアへ向かう際の料金(客席クラス毎)

※Y=エコノミー、C=ビジネス、F=ファースト

重要なことは行き先で必要マイル数は変わるということです。
ここで、実際に航空券を購入した場合と比較して1マイルの価値を計算してみましょう。

『羽田-韓国』

インターネットで購入した場合:32,000円
必要マイル数:12,000マイル
1マイルの価値:「2.66円」

『羽田-フランクフルト(ドイツ)』

インターネットで購入した場合:225,000円
必要マイル数:45,000マイル
1マイルの価値:「5.0円」

となります。

※ANA便をインターネットの格安航空券サイトと、マイルの特典航空券で取得した場合と比較して、1マイルの価値を計算(ローシーズン、燃油サーチャージは計算せず)。2015年6月15日DeNAトラベル調べ。

つまりマイルで特典航空券を発券する際、アジアとヨーロッパでは2倍近い差が出ることがあります。

※今回はANAで計算しましたが、提携航空会社を利用する際は、多少前後します。

すなわち、マイルの特典航空券はなるべく長距離路線で使うようにして、
アジア等のエコノミークラスの場合は、LCCなどの格安航空券を使うのも賢い手法です。

STEP3 搭乗クラスの選択

こちらはもうお分かりですね。
搭乗クラスによって1マイルの価値は大きく変わります。

搭乗クラスとは、「エコノミークラス」「ビジネスクラス」「ファーストクラス」の3種類です。

では実際に1マイルの価値はどの位変わるのか、検証してみましょう。

『羽田-韓国』
エコノミークラス 【インターネット購入の場合】
32,000円、必要マイル数12,000マイル、1マイルの価値「2.66円」
ビジネスクラス 【インターネット購入の場合】
126,000円、必要マイル数25,000マイル、1マイルの価値「5.0円」
『羽田-フランクフルト(ドイツ)』
エコノミークラス 【インターネット購入の場合】
225,000円、必要マイル数45,000マイル、1マイルの価値「5.0円」
ビジネスクラス 【インターネット購入の場合】
627,500円、必要マイル数80,000マイル、1マイルの価値「7.8円」

となります。

※搭乗距離比較と同様、DeNAトラベル調べ。

エコノミークラスとビジネスクラスでは1マイルの価値が2倍にもなることがあります。

またヨーロッパ等長距離路線では、
エコノミークラスよりビジネスクラスの方が1マイルの価値が非常に高くなるということがわかります。

アジア等の近距離路線でマイルの特典航空券を使いたい場合は、
ビジネスクラスを利用するとよりお得感がありますね。

一生に一度はファーストクラス!実は乗るのは難しくない!?

ファーストクラスの客室内

ここまで読んで頂き、現金で購入したら高嶺の花であるビジネスクラスも、
マイルの特典航空券ならお得に乗れるということがお分かり頂けたと思います。

ではそのさらに上、ファーストクラス!
一生に一度は乗ってみたいですね。

購入すると、
なんと270万円もするドイツ・フランクフルトまでのファーストクラスが、
実は165,000マイルで乗ることができます。

そしてそのマイルの価値は「1マイル16.8円」と、ビジネスクラスのさらに倍以上に価値が跳ね上がります。

一生に一度の思い出にいかがでしょうか?

ビジネスクラス、ファーストクラスには乗ってみたいけど、そんなにたくさんのマイル貯めることができない!
そんな方に…実はこんな方法もあります。

あと「1,000マイルで特典航空券が発券出来るのに…」そんな方にも強い味方です。

また、この方法を使うとビジネスクラス、ファーストクラスが格安で乗れるのです。

ビジネスクラスで世界1周旅行に4回行ったマイルの達人®が伝授する
誰でも無料で海外旅行に行ける方法
をプレゼントいたします!
これまで10名を超える人が世界一周旅行に。1カ国以上の海外旅行なら、60名を超える人がこの方法で無料で海外旅行にいっています。
無料のLINE講座を手に入れる
※元々、高額なコンサルティングでお伝えしている内容ですので、今すぐご確認ください。
Copyright©2019 マイレージ裏技集|マイルの達人が教える奇跡の攻略法【完全公開版】 All Rights Reserved.